餅は餅屋にまかせください。

海外企業の日本事務所を設置したい。 海外メーカーと業務提携したい。 外国製品の販売代理店になりたい。 貿易ビジネスを始めたい。海外ネット販売を始めたい。海外事務所を作りたい。海外赴任者の給与規程を作りたい・・・このような越境ビジネスの課題を解決するのが得意な会社です。

外国企業の日本進出の手続き。海外ビジネスの起業相談。事業拡大における海外進出の相談。海外ビジネスの経営コンサルティングと進出実務には2000年からの実績とノウハウがあります。そのすべてをお客様の成功に還元することをお約束します。

日本語、英語、中国語に精通する専門家が越境ビジネスの法務、会計、ビザの問題を迅速に、ワンストップで解決します!

東京グローバル法務会計
 代表取締役所長 陳立浩

1969年兵庫県出身。15歳のときに単身渡米。士官訓練制度を導入した米国予備士官学校でアジア人初の卒業生代表に選ばれる。カリフォルニア州立大学経営学部卒業。培った倫理責任感と日中英のトライリンガルを活かして国際法務と税務、財務会計の実務経験を重ね、2008年に独立行政法人中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザーに就任。代表著書は『中国市場 攻略のルール』 『ネットではじめる!輸出ビジネス』(アマゾン海外進出カテゴリー第1位。すばる舎)。趣味は40歳から始めた津軽三味線。発祥の地青森県弘前市の大会で受賞。

2000年の創業から変わらない信念と約束。

「情報の交通整理」インターネットには情報があふれています。ときには正反対の意見もあるでしょう。私たちは中立の立場で情報を正確に切り分け、整理してお伝えできます。

「時はカネなり」時間は待ってくれません。お客様が一歩でも早く前に進めるよう私たちが迅速に、正確に、お客様の課題を解消します。

東京グローバル法務会計では

専門家自身が英語、中国語にも堪能なので最初から最後まで責任もって本人が業務を行います。
海外在住の外国人関係者、外国企業担当者との直接コミュニケーションもお任せください。
お問合せには24時間以内に対応します。