香港法人の設立概要

香港で事業をするには現地法人として有限公司を設立するか外国企業の香港支店として公司註冊処 (Companies Registry)に会社登録し、さらに事業開始日から1カ月以内に商業登記をしなければなりません。以下は香港の会社条例に基づいた会社設立の概要となります。

●設立の概要
・香港に住んでいなくても問題ありません
・設立に必要な期間はケースによって1~3週間が目安です
・満18歳の株主と取締役が最低1名(兼任もできます)
・香港永住者または香港法人の会社秘書が必要(委託できます)
・香港での住所地が必要(レンタル契約もできます)
・会社名は英語のみ、もしくは中国語名も加えられます
・資本金は香港ドルで1ドル以上、外国企業の子会社として100%独資も可能

●設立方法
・新規設立(任意の会社名で新会社を持てますが、類似商号調査、設立手続きに時間がかかります)
・シェルフカンパニー(休眠会社の名義を書き換えるだけなのでお急ぎの方にお勧めです)

●補足事項
・英語と中国語の二つの名前を付けることは可能ですが、英語名は必須で中国語名は任意
・英語と中国語の会社名に関連性を持たせる必要はなく、英訳、音感による縁起の良い中国語でもOK
・登記住所はレンタルオフィス等のケースが多い
・日本の会社法と違い定款に会社の事業目的を詳細に定める必要はありません
・取締役が香港に来なければならないときがある(銀行口座開設など)
・会社設立時に授権資本金の0.1%が資本登録料として政府に徴収される
・主に3種類の税金:不動産税、俸給税、利益税(16.5%。減価償却、借入金利、貸倒時の控除がある)
・会社登録費用は香港ドルで1720ドル、設立できなかったときは一部が還付されます
・商業登記費用は香港ドルで450ドル(1年有効)、4550ドル(3年有効)
・香港での貿易取引は概ね自由ですが、武器、医薬品、絶滅危惧種、繊維製品、特定食品などにはライセンス管理が実施されています
・外国人が香港で就労または投資をする場合は適切なビザを取得しなければなりません。目的により異なるので詳細はお問い合わせ下さい

香港でのビジネス、法人・支店設立についてもっと知りたい