申請用総合ソフトで電子署名ができないときの解決方法

電子定款の作成代理を行うとき、自分の電子署名を定款に付して、さらに法務省の申請用総合ソフトで公証人役場向けに送信します。

この二つのステップで何かと面倒なのが後半の申請用総合ソフトを使うとき。

申請用総合ソフトのバージョン、電子署名ファイルの状態、そして自分のパソコン環境の相性が合致しないと署名に失敗したり、送信できなかったりするからです。

かなり昔にはオンラインソフトがJavaを使っていて、Javaのバージョンが変わるたびに不具合が生じ、急いでるときに四苦八苦しました (ToT)

そして今回は、理由が分からず署名に失敗するのでネット検索してみると、ウインドウズアップデートが悪さをしていることが判明・・・

【お知らせ】申請用総合ソフトにおいて電子署名ができない事象等の解消方法について(平成28年4月18日)

自分のパソコン環境が64ビットOSなのか、32ビットOSなのかで対処法が違うので気をつけてくださいね。

手順どおりにしたら署名成功! あ~ すっきり ♪

でも 精神衛生上よくないっす。