海外赴任規程(駐在員規程)の作成

駐在員の給与体系と処遇をまとめた海外勤務規程は、赴任するまでに早急に整備するのが大原則です。本人と会社の不安、トラブルを払拭することは言うまでもありません。しかしそれ以上に、規程がない状態で赴任が続くと既得権が発生してしまい、後に規程を整備する際の障害になることがあるのです。不利な労働条件への変更禁止、深く考えず支給していた海外手当・福利厚生の既得権が会社の負担として重くのしかかります。海外出張旅費規程で対応しているケースもありますが、出張と駐在ではそもそも事情と業務の性格、適用する法律も異なるので適切ではありません。海外赴任規程で一般的に整備する項目は、
目的
用語の定義
就業期間
社会保険料等
給与賞与体系
各種手当・税金の取り扱い
為替レート
赴任帰任時の旅費手当
残留家族の処遇
赴任帰任休暇
帰国休暇
有給休暇
特別休暇
日当・出張旅費
旅費の精算
住居
子女教育費
保険
医療費
予防接種
健康診断
運転
規程外事項

海外赴任規程の作成についてもっと知りたい