海外ビジネスの始め方。

これから海外ビジネスを始める人は必読です!

4つの海外ビジネス形態:直接・間接・仲介・販売代理

1 直接貿易

 例:日本企業←→輸出入契約←→外国企業

 長所:いちばんシンプルで会社に利益が残る形態。
 短所:自分だけがリスクを負う(他社にリスクを分散、危険を転嫁できない)。
 適している人:ネット販売、個人の副業、小規模でやりたい人


2 間接貿易

 例:日本企業←→商社が輸出入契約←→外国企業

 長所:貿易初心者、貿易が不慣れな人にとって商社は心強いパートナ。
 短所:商社に支払う上乗せ手数料がコスト高になる。商社には専門分野があるので金額だけでなくサービスも比較検討する。
 適している人:とにかく早く始めたい人。手間をかけずにすべてを任せたい人。


3 仲介貿易(三国間貿易)

 例:日本企業は外国企業と売買契約を結び入金されるが商品は日本を経由せず他国から他国へ直接輸送 

 長所:商品が日本に来ないので日本の関税、消費税がかからない。
 短所:売買契約が2本立てになるので管理が複雑。
 適している人:為替の動向、日本の景気に左右されない安定した収入を得たい人。


4 販売店・代理店契約

 例:販売店契約・・・自分が商品を仕入れて、再販売することで得る売買差益
   代理店契約・・・売買契約を委任され、契約成立による成功報酬を得る

 長所:独占販売契約を結べば売り手側は有利になる。
 短所:場合によっては現地の独占禁止法に抵触する恐れがある。
 適している人:販売店、代理店を増やせば販売ルートは無限です。営業が好きな人に向いてます。


自分にあった海外ビジネスの形態についてもっと知りたい

海外子会社の税制に関する注意点

日本企業が出資して現地法人を設立する合弁、子会社は親子関係になるため恣意的な取り引きが発生しやすくなります。海外子会社と取り引きをするときに気をつける問題点を確認しましょう。

●販売会社設立時のポイント

販売子会社との取引で問題になるのは価格設定です。不当に高い、低い金額で取引すると移転価格の問題にあたります。移転価格とは、企業が海外の関連企業との取引価格を通常の価格と異なる金額に設定することで一方の利益を他方に移転すること。移転価格税制は、海外関連企業との取引で生ずる所得の海外移転を防止するために、通常の取引価格に引き直して課税する制度です。例えば、日本企業が中国の販売子会社に対して通常よりも高い価格で商品を販売すれば、正常取引と比較して日本における利益(課税所得)が高くなり、中国における利益(課税所得)は低くなります。つまり、中国の税収が減少します。そこで中国側は、この場合の取引価格が正常な価格で行われたと仮定して価格を引きなおし、税金の差額を子会社から徴収します。結果として2重課税が生じます。移転価格税制は国ごとにあるので注意しましょう。

●ロイヤリティ契約のポイント

契約上の金額と実際の支払額に差異があってもキャッシュフローの問題であれば大丈夫ですが、契約書の読み違い、勘違いから課税問題を生じさせることがあります。特に税務調査で不備が指摘されると、延滞税、無申告加算税、重加算税などの罰金が想像以上にふくれあがります。ロイヤリティには租税条約の適用があるので無茶な契約より合法的な節税対策をとるのが無難です。

●技術移転契約のポイント


まずは、技術移転(供与)する内容の定義からはじめます。例えば、中国では、原則として成文法であるため契約書が優先されます。日本で重要視される判例は中国の裁判過程においては参考程度の価値しかありません。この違いをしっかりと認識しましょう。さらに、技術契約の実行には管轄する行政部門での登記が必要になることがあります。また、人材を日本から派遣したときに派遣期間が6カ月を超えると海外で税務上の恒久的施設(PE)として認定され、現地で税務申告と納税が発生することがあります。

海外子会社、現地事務所の現地課税についてもっと知りたい